読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりですがなにか

ドラマとは関係ないです。戦/兵器/アフリカ/新興国/ITベンチャー/医療/介護/IoTとか

「決定力:正解を導く4つのプロセス」に沿って決定してみた

※こちらは2015年10月の時のお話。

この会社でどう働くか意思決定するタイミングがあったので、

決定力! :正解を導く4つのプロセス

決定力! :正解を導く4つのプロセス

 

 を参考にしながら決めてみました。

 

何か意思決定をする時、

最近はきちんと考えて(思考して)意思決定をしようとしている。

※当たり前…。

 

1年前くらいまでは、

直感 is the BEST!と思っていて、

何かを捨てて何かを選択することに躊躇いはなかったように思う。

 

ところが、仕事を始めてから、何かを選択することが難しくなった。

思慮深くなった、とも言えるが。

 

その理由は、

  1. 自分の意思決定による影響範囲が広くなった(ように感じている)
  2. 決定後、後戻りができるほどの時間がない(ように感じている)
  3. 自分の意思決定が変わることで周りから信頼をなくしてしまう(ように感じている)
  4. 正解を求め、自分の意思決定に自信がない

かと思う。

  

1・3の理由に関しては、昔の自分より、周囲に関係者が増えた結果の現象だから、

嬉しいことでもある。

とはいえ、影響が及ぶのは、決断時の初期のことだけであり、その後の結果や周囲への誠意の見せ方で回復可能と考えると克服は可能。

2の理由に関しては、完全に2の懸念を否定してるロールモデルが既に世の中にいるので、完全に自分のびびり症が発動している結果。これはもう消したい。

 

1〜3の理由に、(ように感じている)を付けているのは、

3つとも自分が主観的に思い込んでることだろうな、と思うからである。

「他人は思ったほど自分を見ていない。」という意識が昔からあるが故に、

そう思うのだと思うが。

 

厄介なのが、4。

正解を求めている時点でしょぼいのだが、心の中ではびびり症が発動して、

正解の"保証"がほしいと思ってしまっている。

昔は自分の直感が正解だと疑いなかった(正解にすればいいやん、のノリ)

その時より、視野が広くなり、自分と異なる人の考えを知り、憧れる対象・幅も増えた結果、「自分を疑う」ことができるようになったのだと思う。

悪い現象ではないけれど、好ましくない影響を自分に与えているのなら、

解決せねば。ということで、

 

自信の持てる意思決定ができるようになるためには?

 

を学んで意思決定してみようと思う。

 

先生はこちら。

決定力! :正解を導く4つのプロセス

決定力! :正解を導く4つのプロセス

 

 

今回の意思決定のテーマは、仕事のポジションについて。

今後の自分の働き方を決めるくらいの大きな意思決定(のように感じる)。

 

意思決定において大事なこと

1.Widen Your Options

2.Reality Test Your Assumption

3.Attain Some Distance before Deciding

4.Prepare to be Wrong 

 

選択肢を広げる

  • 「Aか否か」「A or B」でもなく「A and B」かもしれない
  • 自分と類似したロールモデルの意思決定とその後は
  • 今までの自分の意思決定からの教訓や外せない共通項は 

選択肢を広げることで、極論に走ることを防ぐことができそうだと実感。

 

実現できそうかテストする

  •  各選択肢で行う具体的な業務(仕事)は何か
  • その中で自分は何ができたい・したいのか
  • それは他の選択肢では実現しえないのか
  • 担う仕事の未来とその時間軸はどうか
  • 自分個人のキャリアとしての時間軸はどうか

各選択肢において「〜だろう」を可能な限り排除することで、

フラットに選択肢を見ることができることを実感。

 

時間を置く

…とはいえ、1-2日で意思決定を求められることが常。

大事だなと思ったのは、人に自分の未来についてアドバイスを求めないこと。

人に聞くのは、各選択肢に類似した意思決定をした人の過去と今のみ。

 

誤りに備える

 間違っても、余裕で道を変えられる。

と思える選択肢があれば良し。

 

今いる会社の次のステップに行くのは、あと1-2年の間にくると思っている。

そう考えた時、

  1. サービス作れますよ
    →設計(企画)+制作+実行
  2. 事業化できますよ
    →マーケットフィット調査+分析+判断(企画)+実行
  3. 事業伸ばせますよ
    →問題発見+問題解決(企画)

の3つが自分の得に来た経験であるならば、今は3のフェーズ。

かつ、職種特化での能力ではない。

 

意思決定は決まった。

後は、自信を持って進めるか次第。