ゆとりですがなにか

ドラマとは関係ないです。戦/兵器/アフリカ/新興国/ITベンチャー/医療/介護/IoTとか

2017年のお話と会社を辞めたお話

経過した日々は成仏させていきましょう。

 

1月~3月

3つのメディア(稼ぎ頭のメディア1つと、投資フェーズのメディア2つ)の事業管理(PL管理)と、アライアンスPJTをやることになった。

マネジメントの仕事とは、①今どこにいてどうなりたいのか(理念・目標)を描き、 ②そのために何を(戦略)やるのかを意思決定し、③どうやるか(戦術)をメンバーに適切に問うこと、だと現段階では認識している。

マネジメントの仕事の中で一番難しいと感じたのは、③どうやるかの戦術をメンバーに適切に問い、道に沿っているか小さな意思決定を繰り返しながら一緒に走ることだった。

この3ヶ月は事業数値達成でき、評価を得ることができた期間だった。

  • できたこと
    - 事業計画の立案(どの係数をどのようにし、どのような事業状態にするか)
    - 戦略決め(係数の選択と集中
    - 売上/利益を作る
  • できなかったこと
    - 想定外が発生した時のリスクヘッジプラン(守りが弱い)
    - 組織のメンバー全員への動機・意義付け
  • Keepすること
    - 売上/利益創造
    - 事業計画達成のために、発生しうる事象から打ち手の想定パターンを複数持つこと
  • 改善すること
    - リスク検知の体制
    - 組織のメンバー全員への、チーム広報(発信)の仕方を「心に」訴求する

4月~7月

 事業を伸ばすことにおいて、4回転ほど経験することができた。

一定、次やるべきことが見えるようになったため、自分として次の可動域(=できること)を取りにいくタイミングなのだと認識した。

 

私は、自分のキャリアでやっていたいこと(=社会に提供していたいこと)があり、

そのために必要な可動域(=できること)を広げるために経験を取りにいっていた。

今までは、職種垣根なく0か0.5でも土台がある事業をグロースさせる経験を得たため、

次は、何もないところから0や1を構築することか、

5-10年スパンで事業を継続成長させることだと認識している。

その上で、自分のやっていたいこと、

新興国市場でヘルスケア×ITで人の命を救うような事業を行うこと、

との重なりが大きい経験をとっていく。

 

次の世界に行くにしろ、

今ここで何を得ているか、何を得て次に行くのか自覚した上で、次に行け。

という過去の自分に回答し得るよう選択した。

m-a1m.hatenablog.com

 

過去の意思決定の時に鑑みた観点も。 

m-a1m.hatenablog.com

 

 次のステップへ。

 

※読むもの!自分への課題図書※ 

2025年の医療サプライチェーンの将来像とあるべき姿

2025年の医療サプライチェーンの将来像とあるべき姿

 

 ▲医薬品メーカー・卸・小売等医薬品に係るステイクホルダーの現状と今後の仮説を定性・定量両面から記述されており、全体の理解に大変役立った。 

AI創薬・ビッグデータ創薬

AI創薬・ビッグデータ創薬

 
なぜ、あなたの薬は効かないのか? 薬剤師しか知らない薬の真実 (光文社新書)

なぜ、あなたの薬は効かないのか? 薬剤師しか知らない薬の真実 (光文社新書)

 
次代を担う医療者のための 地域医療実践読本

次代を担う医療者のための 地域医療実践読本

 
日本の医療―統制とバランス感覚 (中公新書)

日本の医療―統制とバランス感覚 (中公新書)

 
医療戦略の本質 価値を向上させる競争

医療戦略の本質 価値を向上させる競争

 
がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

 
がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)

がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)

 
最新業界の常識よくわかる医療業界 (最新 業界の常識)

最新業界の常識よくわかる医療業界 (最新 業界の常識)