ゆとりですがなにか

ドラマとは関係ないです。戦/兵器/アフリカ/新興国/ITベンチャー/医療/介護/IoTとか

2018年の振り返りと2019年の方針

2015年は、大学卒業して社会人1年目を過ごす。海外での勤務経験で、今後のベースとなる仕事のスタンスを形作れた。その後、PMI、新規事業の立ち上げに関わり、1年のほとんどの時間は会社で仕事(≒生活)していた。

2016年は、自社/買収したサービスと事業を、PMとして管掌した。マネジメントを実務としてできる場を得られた。

2017年は、前半にこれまで経験してきたことを成果として数値で出すことができた。後半では、次のフィールドへチャレンジすることができた。

 

2018年の自分を成仏させましょう。

 

1~3月:

2017年後半から進めていた案件が着地。この案件に中心メンバーとして関われたことは、今後の自身のキャリアでも特筆する経験だった。資本業務提携、JV化、新規事業の3つを同時に経験できたのは良かった。

事業のグロースに関しては、こうすれば良いという肌感があり、「実行力・推進力の精度をより上げていく」ことに注力できた。これらエグゼキューション力は、幾度も、複数のサービス・事業体・チーム(組織)で遂行していくことであげる力なんだと思う。前回よりもより高いレベルで、を繰り返して、永遠にレベルアップし続けること。

新規事業に関しては、正直何をどう考えていいかから分からず、暗中模索しかしてなかった。一緒に推進した方が物凄く優秀で、事業構築における抽象⇔具体の思考プロセスやグランドビジョンの構想、コンセプトの着想の仕方、事業論点の洗い出しをトレースさせてもらえたことは大きかった。事業企画においてのベースを実体験をもって教えてもらえたような機会になった。

 

4~10月:

この時期は、立ち上げ期のサービスのグロースと新規事業企画が主だった。ただ振り返ると、これまでの自分の働き方からすると、変化が少なかった時期かもしれない。この時期に2回大きめのリリースをしているし、売上インパクトが大きめなディールも決めたし、事業企画のために10社以上のヒアリングを重ねていたが、体感として長かったように感じる。

立ち上げ期のサービスとして、明確には売上を追わないグロースは初めてだったのもあり戸惑いを感じる部分もあった。事業としての最重要係数は明確で、そのための先行指標、そのためのサービス企画までちゃんと意味付けをして進められたことは適切だったと感じているが、その最重要係数が外部環境への依存度が高い係数だったのが良くなかった。(それをいうと当該の事業モデル全般に言えることになってしまうが。)

新規事業企画は、最終案に着地するまで4つ以上は企画したが、随分遠回りしてしまったと思う。遠回りになってしまった要因は、根本的なところでは自分への自信のなさであり、テクニカルな部分ではフィジビリティ精査の粗さが要因だったと思う。今後も必ず注意しよう、自制しようと思うことは「提供者都合に寄せにいってしまうことはしない」ということ。至極当たり前だけれど、新規事業の企画をしていると、こうであってほしい、こうであるべき、と提供者都合や自分が対峙するステイクホルダー都合でファクトを歪めて認識してしまおうとする時がある。そのようにしても、ストーリーは綺麗でも、実際マーケットから評価されないサービス・事業になってしまう。

 

11~12月:

この時期は、企画していた新規事業が具体化(実行)のフェーズに入りだし、他の案件に仕事の領域が広がりだした。2019年に繋がる変化の前段、という感じがしている。

事業企画は、ストーリーができてフィジビリティ精査ができれば、あとはエグゼキューションにおける論点を明確にしていくだけだった。一方で、エグゼキューションの領域は予想しても限界があるし、その場その場で変更していくことが大前提にあるから、主要論点を明確にして乗り越える策を考えたら、あとは「勇気」の問題だと思う。「やります」「立ち上げきります」という勇気。

 

本業以外(プライベート含め)、というところでいうと、

  • 自分の還元しているバリューと得ている経験価値のバランスは合っているか、という問いへの答え
  • (凄く久々に)深く広く関わりたいと思う人との出会いによる人間関係の揺らぎ

あたりは特筆すべき事項だったかなと思う。

 

2019年の方針は仮置きで。

 

本業に関して。

  • 0からの新規事業企画の2回転目
    事業構想における抽象⇔具体の行き来、グランドビジョンの構築、コンセプトメイキング、フィジビリティ精査の一連を、2018年にやったことは反省点が多かったから、もう1度やりきりたい。
  • 事業企画できるカバレッジの拡張
    toCtoBの両方の事業企画を今までしてきたけど、ユーザー/企業難易度や事業モデルが異なるものの事業企画をして、自分の可動域を広げたい。

上記2つは優先的にやりたい。その上で、2019年の後半には、まとまったチームで事業推進をしている状態になっていたい。

 

本業以外の仕事・キャリア・プライベートに関して。

  • 丁寧に、良い背伸びをして、価値還元をする
    週末といえども丁寧にコミットメントする。再現性を確認する上でも。
  • 本業とは別で、個人の人生で為したい理想から、こういう事業をしたい、というのを描く
    目の前の仕事やキャリアアップで一杯一杯になって、主語が自分の「私はこうしたい」がなくなっていたので、そろそろ考え出したい。
  • 読書/体験を通じて自分に「厚み」をつける
    そのために、
    1. 仕事に直接的、即時的に関わらない本を継続して読み続ける(本を全く読まない月をつくらない)。
    2. 「面白そう」と衝動的、直観的に思った体験を経験しにいく(2か月に1回はそういう経験を入れたい)。
    3. 少なくとも年1でケニア(or目的を持った渡航ハードルのある国)に行く。

    人間的な厚みがある女性になりたいなと。3年前にある方から「自分の目標に最短距離でいくのではなく、意識的な寄り道はその人の厚みになる」とフィードバックをもらったことがあるが、今はその言葉に素直に共感できる気がする。

  • 決断に逃げない。「勇気」をもって決断しないと決断することと「逃げない」決断をする。
    プライベートだと意思決定する上での考慮すべき変数が凄く脆くてファジーで抽象的で変動的だから、プライベート(特に自分以外の他者が関わること)で何かを決断するのが苦手で、えいやっと決断してしまう時があるのだが、2019年は決断に逃げないようにしたい。

2018年は、足場固め、という感じで淡々と呼吸整えて過ごしていた感じがしたけれど、2019年は、緩急がありそうな1年になりそうだし、意図的に呼吸を乱すように、自分に圧をかけて過ごしていきたいと思う。